100%好かれる1%の習慣

100%好かれる1%の習慣

著  松澤萬紀

元CAでマナー講師が書いた本

みんながやっている当たり前の1歩先、もう一手間を加えることが大切って事が書いてあります。

 

1章 行動

初めに書いてあったのは面接会場でのこと。

みんな「ありがとうございました!」といって退出するときに、「ありがとうございました。お茶ごちそうさまでした。とてもおいしかったです」と付け加えたら面接が通ったという話。これの考え方はとても素敵だなって思ったので活用したい。

あとは習慣化すること、相手に特をさせる行動(この本では情報を与えるということらしい)、頼まれたらすぐやる、スピード勝負。メールで済ませずに会いに行けなど。

 

2章 言葉

とにかく話を聞く。自分は2割話す。相手は8割くらいにする。これ自分が全く出来ないので気をつけないといけない…理解と出来るは違うので。

理解は偶然、誤解は必然。相手が理解できるように考え話すことが大切。

 

3章 気遣い

身だしなみ、挨拶、ありがとはしっかりとやる。

謝罪は2回、お礼は4回。

360度見渡す→出来ない後ろの部分は想像力を働かせる。

 

4章 テーブルマナー

おごりとわかっていても財布は出す。

あとはまあ箸はキレイに使え。

 

5章 習慣

Dワードは禁止!でも だって どうせ できない

相手ベクトルで本当に相手が求めているものはなにか?を考えましょう。

1分の遅刻でも詫びる!

三角褒め…第三者が褒めていたと伝える

素直にすぐ行動

 

出来ると思っても後回しにしちゃうことあるよね~例えばこのブログとか

出来ることを後回しにしないことを習慣にしよ